ニデック Cuoio オイルレザーケース メタルバンパー iPhone6/6S

今回はiPhone6とiPhone6Sに対応した本革スマホケース&アルミバンパーのセット、「ニデック Cuoio オイルレザーケース メタルバンパー iPhone6/6S」のレビューです(サラっといきます)。

 

【手に持った感じ】

イイです。高級ソファのカバーなどにも使用されているオイルレザー独特のすべすべ感。ちょっとシンプルすぎで物足りない感も否めないですが、エイジングによってこれからシワやキズ、革本来の表情や質感がもっともっと引き出されていくと思うので、心配はありません。

光沢あり。

抜群の光沢。

 

【開いた感じ】

さらにイイ、です。頑丈なアルミバンパーによる安心感。所有する喜びを増幅させる重量感。そして男心をくすぐる、少年の心を呼び起こすメカ感。この無機質な感じがiPhoneと抜群にマッチしていて、クールでアーバンなスタイルです。なのでどちらかというとメンズ向きですね。ただ、カラバリは豊富なので、女性にも選択肢は少なくないかと。

メカ感

カード入れも装備。

 

【セルフタイマー上等】

思いがけず気に入ってるところがあります。それは「スタンド機能」です。本来iPhoneを立てかけて動画を見るための機能ですが、これはセルフタイマーで写真を撮る時にめっちゃくちゃイイじゃあないですか。旅行の記念写真はちょっと頼みづらいし、半ば強制にロングなローンを抱えさせられる大切なスマホ。それを知らない人に落とされたら、もう…ですね。でもこれなら安心。土台もガッチリと安定しており、また、角度の微調整もできるので、記念撮影、オススメです。

パシャれます。

パシャれます。

 

【気になる点】

だけども気になる点がいくつかありました。一番はじめに気になったのは、マグネットの強度ですね。ケースを閉じた時にコンピュータに影響を及ぼすためか、磁力がそれほど強くないため、ちょっとした引っ掛かりでもパカッとハマグリのように開いちゃいます。

また、頑丈なアルミのバンパーと本革。結構重いです。寝転んで長時間のネットサーフィンなんかは腕筋パンパン間違いなしです(鍛えたい人にはいいかも?)。さらにバンパーで言えば、頑丈なのは非常にイイのですが、スイッチガードの彫りが少し深すぎて、マナーモードに入れにくいことがあります。深爪しちゃった日にゃあ…もうその日はマナーモード諦めてください(※個人の見解です)。

サイドから。

サイドから。

 

◼️総評


結果、ほぼ満足です。カジュアルにもビジネスシーンにも合わせやすいし、革の匂いもいいし、エイジングが楽しいこともポイントの一つです。買ってよかったとも思っております。ただ、私の購入時のお値段は1万円弱。スマホケースの中では比較的高額の部類に入るお買いものです。先述の「気になる点」を克服したとしても、ちょっと正直まだ値段相応っていう感じではないような。かくいう私も、ポイントが溜まってないなければ購入を躊躇していたと思います(結局買うんだろうけど)。今も結構売れているようですが、7,000-8,000円の価格設定が妥当。さすればもっともっと飛ぶように売れるのではなかろうか。以上、シロウトの戯言でした。

 

個人的レート(最高点 5.0) 
デザイン 4.9
価格 3.7
機能性 4.0
 カラーバリエーション 4.5
満足度 4.1

 

アイテム詳細ページへ →