journal standard FURNITURE なんばパークス

今回は大阪難波(なんば)にあります「journal standard FURNITURE なんばパークス店」さんに潜入してきました!

 

なんばパークスの一角にあります

なんばパークスの一角にあります

 

「潜入」とは言っても、しょっちゅう覗かせてもらっているホームグラウンドのようなオチツク場所。ですので潜入感はゼロ。でも何度訪れてもワクワク度は100、なショップさんです。

それもそのはず、ご存じない方に説明させていただきますと、運営元はあの有名アパレルブランド「journal standard」も手掛ける超大手、「BAY CREW’S」グループ。そりゃあセンスがないわけがない、わけですね(「わけ」が無駄に多い)。

さて、場所ですが、なんばパークスさえわかれば必ず辿り着けます。公共交通機関はもちろん、お車でも、アクセスのしやすさはとても良好です。ただ、立地がリッチ… いや、立地なだけに、お買い物による駐車割引がないと、帰り際にちょいと焦ります。お気をつけて下さい。

 

アパレルブランドらしい遊びゴコロが感じられます

アパレルブランドらしい遊びゴコロが感じられます

 

個人的に思うジャーナルさんの魅力は、「Re-Make」「Re-Use」をテーマにしたブランドだけあって、古い素材がうまく生かされていたり、反対に新しいものを古く、そしてカッコよく見せる技術の高さだと思います。もちろんアパレルブランドならではの遊びゴコロや、抜け感などもうまく表現されていて、性別、年齢問わず幅広い世代にウケています。

今回プライベートで購入したのは、そんなジャーナルさんがセレクトする「TK GERMENT SUPPLY」の「US MAP」というアイテムです。アメリカのツーリスト向けの地図をモチーフにしたタペストリーですが、実は作りはしっかりとした日本製。前日にインスタにアップされていたのを見て、朝イチすっ飛んできました。カラーはブラックオンリー。自分の部屋は白壁なので、ちょっと浮いてしまうかなという心配もありましたが、スタッフのお姉さんのアドバイス通り、飾ってみればバッチリでした。

 

ツーリスト用のマップがモチーフ。実用的でもある。

ツーリスト用のマップがモチーフ。実用的でもある。

 

他に、私がいま最も注目しているラインは「KARPENTER」。インドネシア産のチーク古材を使用したヴィンテージテイストなプロダクトです。チーク古材の味わい深い表情もさることながら、このラインの面白いところは、売り上げの一部が「FSC認証」という、森林伐採を、環境や地域社会に配慮して行うなどして、適切な森林管理を行っている業者に渡ること。家具を買うだけで環境保全に貢献することのできる、なかなか稀有なラインです。

 

現場で見ないと伝わらないかも、このクオリティの高さ。

現場で見ないと伝わらないかも、このクオリティの高さ。

 

結局2時間以上居ましたかね。スタッフさんをつかまえて話し込んじゃいましたし、お邪魔しちゃいましたね。でも自分にとってすごくリッチな時間でした。あ〜楽しかった。

 

【SHOP INFO】

journal standard FURNITURE Nampa Parks
〒542-0076
大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス3F
TEL:06-4396-4540
Contact: https://www.baycrews.co.jp/form/js-furniture/

OPEN:年中無休11:00-21:00

HP: http://js-furniture.jp/shop/nambaparks/
Blog: http://blog.baycrews.co.jp/js-furniture/
楽天Online Shop: journal standard Furniture

Instagram: https://instagram.com/js_furniture/
facebook page: https://www.facebook.com/baycrews
twitter: https://twitter.com/BAYCREWS_JP